Channel Dive - Dive to 2ch News ...

芸能 スポーツ ゲーム 漫画・アニメ 社会 政治 経済 ネット・IT アジア 海外
 
Channel Dive 2ch News
  --.--.-- --:-- コメント(-)URL ブックマークに追加する あとで読む

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




1 :明鏡止水φ ★:2007/11/21(水) 23:45:20 ID:???
 ワシントンDCで毎季開催される全米のエコノミスト会合に参加して帰国する際、ダレス空港の売店で奇妙な雑誌の表紙が私の目に飛び込んできた。“Manga Conquers America?Now Japanese comics are reshaping pop culture.”と題した雑誌WIREDの特集記事である。

 記事は日本の漫画・アニメが米国、欧州に広範に普及し、世界のポップカルチャーに新しい変化をもたらす源泉になっていると語っている。NBonlineでも遠藤誉さんの「中国“動漫”新人類」は、日本の漫画・アニメが中国に浸透し、文化的なフュージョン(融合)を生み出している状況を描いており、面白い。米国でもジャパン・アニメフェスティバルは各地で毎年開催され、漫画キャラクターに扮した米国の若者たちで賑わう。

■なぜ日本の漫画、アニメ、ゲームソフトが海外でも人気なのか?

 こうした「ジャパン・インパクト」とでも呼ぶべき変化に米国の大手メディアも注目し、これまで特集記事を幾度も出している。私がワシントンに駐在していた当時、ワシントンポストが“We’re Playing Their Toons. Japanese Anime moves out of the fringe and onto the red carpet”(2004年12月)と題した1面ぶち抜きの特集記事を出したことがある。同様の記事はビジネスウィーク誌ほか、複数の雑誌でも見られた。

 2004年2月に日本の外務省がアニメ製作の巨匠りんたろうさんを招いてワシントンDCで講演会が開かれた時も、米人の参加者の方が日本人よりも多いくらいの大盛況で、私は驚いた。

 アニメに限らず、漫画、ゲームソフト、音楽などポップカルチャーの世界での「ジャパン・インパクト」は、アジアや米国をはじめ世界に急速に広がってきた。こうした現象を取り上げる米国の記事の多くは次のように問う。

 「日本アニメはどうして米国の子供から大人にまで人気を広げているのか? 日本アニメはディズニーに代表される米国のアニメ映画やテレビアニメと何が違うのか?」

 要領を得た回答に達している論評にお目にかかったことがない。だが、米国映画と日本の漫画、アニメ、ゲームソフトなど双方を愛好してきた私には、その理由が分かるような気がする。

>>2-3に続く


▽News Source Nikkei Business online 2007年11月21日水曜日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20071120/141158/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20071120/141158/?P=2
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20071120/141158/?P=3
(長文のため抜粋、全文はリンク先参照)



2 :明鏡止水φ ★:2007/11/21(水) 23:45:42 ID:???

■文化的要素の雑多性、多様性が生み出すダイナミズム

 アニメに代表される日本ポップカルチャーに見られる1つの特徴は、文化的要素の雑多性、多様性である。宮崎駿の作品集を例にしてみよう。

 『魔女の宅急便』は欧州風の海浜街を舞台にした魔女の修行物語で、おそらく欧米の子供たちが最も違和感なく溶け込める要素で構成されている。一方、『となりのトトロ』では純然たる日本の田舎を舞台にしながらも、文化の違いを超えて子供心を捉える普遍的な要素、あるいは大人にも「自分も子供の頃はこういう感じ方をしていたなあ」と想起させる要素に満ちている。

 『天空の城ラピュタ』や『風の谷のナウシカ』になると、東洋でも西洋でもないコスモポリタン的な別世界が展開する。さらに面白いのは『千と千尋の神隠し』で、「神隠し」「八百万(やおろず)の神々」「湯屋」など日本の文化要素の中に、黒柳徹子をデフォルメしたような「湯婆婆」という魔女(西洋風の要素)や「竜」という中国的な要素が混在して展開される。

 また、鳥山明の漫画・アニメ『ドラゴンボール』は、「ポケモン」と並んで米国で知らない少年はいないほどの人気であるが、登場するキャラクターたちの多種多様さは、古今東西のおもちゃ箱をひっくり返したような賑わいだ。

 これだけのバリエーション、多様性を生み出せるのは製作者らの才能であろうが、同時に東西の文化要素が混然とした日本的文化土壌の産物ではなかろうか。もちろんディズニーアニメにも『アラジン』や中国史に題材を採った『ムーラン』などエキゾチックな作品もある。しかし、異なる文化的要素を混在させて、ジャンクではなく、完成度の高い虚構世界を構築する力は、日本の方が断然上である。

(中略)

■マクドナルド型ビジネスモデルとラーメン屋型ビジネスモデル

 もう1つの日本の特徴は、ポップカルチャーの創出が、米国に比べると相対的に小規模な資本と職人的価値観を持つ人々によって担われていることにあると思う。米国に比べると1作品の売上高に示される日本のアニメビジネスの規模は小さい。担い手の企業の規模も米国よりかなり小さいはずだ。実はこれが幸いしている。

 ビッグビジネスは大きな興行収入を目標に掲げなくてはならないので、必然的に市場の最大公約数的な需要や好みを対象にして製作される。それを繰り返していれば、必然的にパターンのマンネリや標準化に陥る。これはマクドナルド的ビジネスモデルでアニメを製作したらどうなるかを想像すれば分かることだ。


3 :明鏡止水φ ★:2007/11/21(水) 23:46:00 ID:???

 米国に長く住んだことのある日本人なら皆感じることだが、マクドナルドの成功は米国の食文化の貧困さと表裏一体であり、その世界への普及は米国ジャンクフードのグローバル化にほかならない。

 ところが日本のアニメや漫画には、「ラーメン屋的供給構造」が根強く残っているのだろう。
最大公約数の需要(好み)よりも、製作者が自分らのセンスにこだわって、多種多様なものを創出、供給している。従って、1つごとのビジネス規模(売り上げ)は小さいが、多様でユニークなものが供給される。その結果、意外性や驚きのあるものが多く、面白い。

 タランティーノやウォシャウスキー兄弟など、ハリウッドの映画監督で日本の漫画、アニメ、映画からインスピレーションを得て、自らの作品に利用して成功している人が多いことはよく知られている。彼らはビッグビジネスの中でマンネリに陥るのを回避するために、日本の作品群から新しいインスピレーションを補給しているのだ。

 こうした日米のビジネスモデルの相違に着目すると、日本のポップカルチャーの発展が、なぜ映画よりも漫画、アニメ、ゲームソフトなどの分野に強く表れているのかも分かる。
映画も様々であるが、総じて今日の市場を席捲しているのは巨大資本を必要とするビッグビジネスである。巨額の資本を要する映画では、特に米国では、市場の最大公約数の需要を獲得して売り上げを伸ばすビッグビジネスモデルが支配的になった。

 一方、漫画、アニメ、ゲームソフトの分野では必要となる資本が小さく、日本の「ラーメン屋的供給構造」に適しているので、職人たちのニッチな創作が可能になるのではなかろうか。


■意外性と面白さを創出できないビジネスは閉塞する

 「たかがポップカルチャー、それで何が変わるのか?」と笑う方もいるだろう。その通りだ。変わらねばならないのは実は私達自身なのだ。

 製造業でもサービス業でも大企業のビジネスは、それを供給する側が大組織になり、高度に管理化されるに従って、ビジネスは画一化され、変革への柔軟性を失い閉塞する。それはどこの国でも同じだ。

 閉塞を打ち破るためには変わらねばならない。では、どのように変化すればよいのか。一言で言えば、異質な文化的要素を取り込み、意外性と面白さを創出することがカギになる。大企業であっても、そうした意外性と面白さを創出する細胞を組織の中に育てることは可能かもしれない。もちろん、経営者の才覚にも依存している。

 私たちは日本の文化的土壌と言うと、すぐに「単一民族性」「閉鎖性」「権威主義」など従来繰り返されてきたステレオタイプなイメージに自ら呪縛されてしまいがちである。
しかし、そろそろこうしたイメージの呪縛から目を覚ましてもよい頃だろう。

 日本の歴史を鳥瞰すれば、我々の祖先は異文化要素を大胆に取り込み、ハイブリッドなものを生み出してきたことが分かる。その文化的なダイナミズムは今も脈々と生きていることを、日本ポップカルチャーの興隆が物語っているのだ。

(文中敬称略)


6 :名刺は切らしておりまして:2007/11/21(水) 23:51:28 ID:KQkvehV8
第二の村上隆バブルを狙ってるガイジンはまだまだいそうだな・・・


7 :名刺は切らしておりまして:2007/11/21(水) 23:54:36 ID:7ne56RRW
ってことはアニメーターは貧乏生活してるから良い作品ができると?
んなことないやろ?


9 :名刺は切らしておりまして:2007/11/21(水) 23:57:43 ID:OuUUKTJi
麻生も触れてたけど、今の日本アニメ漬けでアニメや漫画のために
日本語を習うような日本好きが社会の中心・高い位置を
占めるようになったときのプラス効果はかなりのものだと思うぞ。


13 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:02:14 ID:2shNwR6W
儲からなくて他に作る人がいないからだって。
そんで誰もやりたがらない市場でいくら名を上げても仕方ない。

フランスだかイタリアでセイント聖矢が視聴率90%はじき出しても
それほど儲かってない。これがドラマや映画だったら数十?数百億は儲けてる。

人気自体はあるのだから儲かる構造を?なんてやったら、みんな参入して
そこが浅いのがばれちゃうにょ。


16 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:04:52 ID:usJjtCH5
いや儲かる儲からないのではなく文化的に浸透してしまえば

世界を日本に変えることが出来る これで世界を統一できる


17 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:05:13 ID:3OAN0v++
この手の知識人気取りのバカがもてはやしだした時点で漫画は終わり


18 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:05:45 ID:SoVnksQu
要は日本のアニメはどんなに頑張ってもディズニーみたいな巨大ビジネスは出来ないし
アニメーターも金が入らないという事だな


20 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:06:56 ID:vK0V23cx
宮崎駿だって、その根源はフライシャーのスーパーマンのエレクトリック・モンスターだろ
アメリカのアニメがやっぱり日本アニメの源流なんだよ。ただ、アメリカはそれを忘れているだけ


21 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:07:34 ID:DQ28z8nK
電通が世界に市場をもとめればよいのか?


22 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:08:40 ID:usJjtCH5
そのうち八百万の神も世界中で理解される日が来る


25 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:11:02 ID:adKvMbhT
アニメなんてたいして儲かってないじゃん。
儲かるどころか電通は北米で失敗して50億円位失ってるし。


26 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:11:30 ID:snqYeP/H
そういや、TVゲームの生みの親はアメリカのコンピュータ技術者だったと記憶するが、
普及させたのは、日本人だったね。そういや。


31 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:17:42 ID:OfN5yXlC
アニメを描く連中は職人だよ
眼球面積の位置や大きさ、デフォルメの利かせかた
重力を捨てた髪の毛の描写など
外国の人が上辺だけでマネできるモノではない


32 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:19:55 ID:6hMFQlWn
まあ、弱弱しい主人公は日本独自のものだな。
筋骨隆々を要求されるアメリカの子供や青年達も疲れたんじゃないのか。


33 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:26:29 ID:hCQCobM3
>>32
世界的に人類が虚弱体質に進化しているからなw


34 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:26:56 ID:lnPOcRmF
>黒柳徹子をデフォルメしたような「湯婆婆」という魔女

なぜ誰もここに突っ込まない?


35 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:28:04 ID:usJjtCH5
いいんだそれで最後は平和で特になにもおこらないエンディング

サザエさんが受け入れられれば完成だ


36 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:28:16 ID:4ELo01Mx
漫画、アニメが日本人にあってるんじゃないの。
わざわざ映画館に足はこぶの面倒だし、だんだんケツが痛くなってきて後半集中して観れないし。


37 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:28:35 ID:nS+vKRYC
でもそんなアニメ文化も昔の話、今はキモオタアニメのみ・・・。


39 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:29:15 ID:adKvMbhT
>ドラゴンボール
もすでに過去話で。今期は期待してた以下で売れずに
東映アニメーションの減益要因になってる。
すでに、ドラゴンボールに代わる米国アニメのアバター
が人気になってて日本製アニメの状況は変わってきてる。
日本の最後の牙城はナルト位か?それもマンネリ化してるし
ナルトに代わるコンテンツがない状況。
>>1の日経のオッサンの認識は数年前で止まってる…


40 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:31:48 ID:2hKj5kk1
>>35
シンプソンズとサザエさんが入れ替わるなんて想像できねえw


41 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:33:01 ID:6A8ARw9D
>>40
ノリスケの頭に波平がショットガンを(r


43 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:34:50 ID:C6jXUpOf
>>32
強さやたくましさ、筋骨隆々で決して弱音を吐かず負けないイケメンと
決して皺やシミなどない美しさを保ち続ける美女ばかり出てくる話は、
アメリカの子供たちが社会に出るまでは通用するかもしれない。
しかし、やがてその刷りこまれた理想像が自分自身の実人生を蝕む元凶となり、歳を取ること、美しさはいつまでも維持できないこと、あれだけスマートだったウエストも贅肉でベルトの穴を増やさなければならないこと、勝利者の陰には大多数の敗北者がいること、正義など人の数だけ存在すること(人間はいくらでも自分を正当化する理由を作り出す生き物だと知ること)等、アメリカの漫画やアニメには決して描かれていない側面を無視出来なくなる。
それは過剰な競争にさらされ、強くないもの、美しくないもの、リッチでないもの、賢くないもの、愛してくれる他者を見つけられないものとして自分を客観視することに強烈な抵抗を感じて嘘を演じながら生きることに気付いているから別の世界で本音を出したいのだろう。
ノリがよくて気前よく、何でも解決してくれて腕っ節が強くカッコイイなんて男はめったにいない。
弱さを率直に認め、等身大の自分に直面することをアメリカ人は極度に恐れているようだ。
もし弱さを認めたら、徹底してその人間は攻撃対象にされ、劣等者扱いされる単純な部分米国は持っているらしいから、ますます虚勢を張らざるを得ない。
その恐れが逆に、高慢な言動と強気な態度で他者より優位に立とうとする国民性を生んでいるとも言える。
アメリカ人は何かに怯えている。その何かとは、自分たちの弱さと愚かさを認めることが出来ないということだ。


50 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:41:08 ID:yzQKgAd3
>>1
スレタイ意味わかんねーよ馬鹿!


51 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:41:28 ID:kTiZVZBV
しかし本家の日本ではアニメ番組の視聴率が潰滅的という現実が


52 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:43:04 ID:ZbIguTSo
>>34
黒柳徹子は一応海外でも知られてる人だから。

ラーメン屋とMcの比較はわかりやすい比喩だな。


53 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:43:41 ID:S483V9lC
>>51
最後の砦サザエさんがあるぞw


54 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:45:47 ID:9Y0JvIQ/
>>52
イイ例証だよな
例え話が下手な日本人にしては上出来だよ。


55 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:47:32 ID:Sq3mOaur
サザエさんは総合視聴率ランキングで、トップテン入りすることも珍しくない。
まさに人気アニメ。


57 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:48:42 ID:1TBxecZ+
最大公約数的な需要のはずなのに
なんでナディアなんてマニアックなものをパクッたの?


58 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:49:20 ID:usJjtCH5
日本人も昔に回帰している サザエさんが人気なのは

また大家族主義に戻る兆候だろう 三丁目の夕日の世界に

かえりたい日本人の願望である


59 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:51:05 ID:xEMJ4YdI
知的財産についてこれぽっちも触れてなくてワロタ
あと、海外の人気なんでどうでもいい


60 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:51:24 ID:PvIwuPgN
ようつべで日本語を勉強し始めた女の子の動画が多くなったのが嬉しい。


61 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:52:14 ID:X/Pped0P
>>58
時代劇がはやったら大昔に戻る前兆か?
戻りたくても戻れないからこそ視聴率が取れるんだよ


62 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:54:51 ID:usJjtCH5
戻れるよ というより資本主義の崩壊で戻らざるを得ない

すべての時代の針が逆流し始めたんだよ 実感するのは5年先か


64 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:57:10 ID:tcFZQ1Fg
最近のハリウッド映画やTVドラマで日本や日本の物が多く出てきたのは
アメリカでの漫画アニメ人気が要因だったりする。。


65 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 00:57:53 ID:y9ftNhQx
宮崎キャラは宮崎世界の中ではあまり多様性はなく似たようなキャラが違う物語では違う役を演じている
鳥山も然り
手塚も然り


69 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 01:02:22 ID:J/pegiQT
極論で言えば世界一平和、経済大国だからゆとりがあるというのが要因


76 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 01:08:11 ID:QfY+kYWh
いいものは自然に広がるものなのです。


83 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 01:24:19 ID:Fmrm8oL0
だがビジネスとして勝つのはマクドナルドだ。
多様性の文化として勝つのはラーメンかもしれんが。

ビジネスで勝てばカネが入る。
そのカネで欲しいラーメン屋を買えばいいだけ。
これがアメリカの思考。


85 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 01:37:23 ID:RMKBN9M/
偶然、テレビをつけて、コードギアスをみて
第1話で「日本国万歳!」と叫んで自爆するシーンを
みて驚愕した40歳のオッサンですw

あんなの放映していいのか???
しかもMBS(TBS系列)w
日本が占領されてる世界にも吃驚したよ。
(事実そうなのだがww)


87 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 01:39:41 ID:usJjtCH5
いやタブーがないのが日本のいいところ

疑うべき対象を検証しなければ人類はこの先に進めない

アニメでできることは多いだろう


93 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 02:14:25 ID:UAaGnvZI
>米国の食文化の貧困さと表裏一体であり

アメ版料理の鉄人見たが
マジで味覚がヤバイのがわかる


94 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 02:18:45 ID:0toexbUD
>>43
脳内乙
スカパーかなんか契約して米アニメ見れ
スポンジボブなんかいいと思うぞw


95 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 02:22:41 ID:6U4RnkvX
「ラーメン屋的供給構造」ってのは納得だな
テレビ局に突きつけてやりたい


100 :名刺は切らしておりまして:2007/11/22(木) 03:25:27 ID:zX04UPMf
これ一時期のアメリカの音楽業界の話に似てるな

大手のメジャーレコード会社は保守的で、斬新な音楽を作るアーティストをなかなか排出できなくて、インディーズレーベルの連中が注目集めた。

そこにメジャーレーベルが目つけ、ニルバーナのようなアーティストが世界的に注目された

まぁ小さい方が何でも有りで面白い物ができる

Comment
    
          

Channel Dive
Recent Comment


芸能 スポーツ ゲーム 漫画・アニメ 社会 政治 経済 ネット・IT アジア 海外
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。