Channel Dive - Dive to 2ch News ...

芸能 スポーツ ゲーム 漫画・アニメ 社会 政治 経済 ネット・IT アジア 海外
 
Channel Dive 2ch News
  --.--.-- --:-- コメント(-)URL ブックマークに追加する あとで読む

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1:不思議の国のありすφ ★:2008/12/01(月) 14:10:12 ID:???
★軍関連の妙なおみやげを写真で紹介

(以下抜粋)
国防関係のジャーナリストの役得はとても限られている。
われわれは時折、国防関連会社から外見だけは派手なものを貰ったりするが、彼らはセンスの良さで知られているというわけではない。私がここ数年で手に入れた趣味の悪い国防関連グッズの例をいくつかご紹介しよう。

★攻撃ヘリ『アパッチ』のアロハシャツ


攻撃ヘリコプター『AH-64 Apache』をモチーフとしたアロハシャツだが、妻[Danger Roomの記者でもあるSharon Weinberger]は、家のまわりで着てはダメという。

★地雷除去装甲車を宣伝する愛らしいハンド・パペット


やあ子どもたち! 地雷除去は楽しいよ! 地雷除去装甲車『Buffalo』と耐地雷車両『Cougar』を製造する米Force Protection社のPRグッズだ。
リバーシブルになっていて、『Buffalo』と『Cougar』の両方が楽しめる。

★極秘施設の中国製お土産


政府の極秘施設のはずのマウント・ウェザーでお土産品として売られていたというマグカップだ。悪くないが、サイトRからお土産を持って帰ることができたらもっと印象的だったと思う。

[マウント・ウェザーは、米国バージニア州にある米国連邦施設名。核戦争などに備えた地下都市で、非常事態には政府要人などが集結して対応するといわれている。
マウント・ウェザーを紹介するTIMEの1991年の記事はこちら。

このマグカップはConelradの記事が読者からの報告として紹介しているもので、ギフトショップで売られていたとされ、カップ底に「中国製」と描かれている写真もある。同記事によると、マウント・ウェザーはFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)によって運営されているが、FEMA自体はこの施設の存在を認めていないという]

以下は、読者たちが自分たちのコレクションをくまなく探し、こんな軍関連グッズもあると情報を寄せてくれたものだ。良い品、悪い品、奇っ怪な品など、実にさまざまだったが、そのほんの一部を紹介しよう。>>2へ続く

2008年12月01日10時35分 / 提供:WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200812/2008120119.html


2:不思議の国のありすφ ★:2008/12/01(月) 14:10:31 ID:???
>>1より
★民間軍事会社、米Blackwater社のカフスリンク


説明の必要もない。きっとコレクターズ・アイテムになるだろう。
[米Blackwater社は米国務省が契約するコントラクターの中でも最大の会社であり、特にイラク戦争での米軍の正規兵士の慢性的不足により傭兵の需要が増したことから急成長をとげた。年4万人以上の社員をトレーニングしている。
日本でも警備業務を行なっている。

★米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)の50周年トランプ


さて、このトランプにはジョーカーはあるのだろうか?

[トランプには、創立50周年記念と書いてあり、ハートのAは「完全に統合された義肢」。
DARPAは 1958年に、最先端科学技術を短期間で軍事技術へ転用させるための研究を管理する組織として高等研究計画局(Advanced Research Projects Agency、略称:アーパ、ARPA)が設立されたのが始まり。1972年にDARPAに改称された。ARPAの時期に、インターネットの原型である ARPANETを開発したことでよく知られている]

★ソ連のICBMランプ


Danger Roomの読者「Chet」さんは、ウクライナの街、ドニプロペトロウシクにある大陸間弾道ミサイル(ICBM)の元工場でこれを見つけた。

先端部にミサイルがついたランプで、再突入体のような形をした発泡スチロール製のケースが付属している。[再突入体は、弾道ミサイルの弾頭のこと。高層の成層圏から対流圏へ再突入してくる時の、空気との摩擦熱による高熱に耐えるため、断熱層を備えた円錐形のカプセルで核弾頭を保護している]

Chetさんはこの写真に以下のようなコメントを添えている。「これまで自分が手に入れた中でも最高にすばらしい逸品だ。いつまでも大切にするぞ!」

2008年12月01日10時35分 / 提供:WIRED VISION
http://news.livedoor.com/article/detail/3921320/

WIRED NEWS 原文(English)
http://blog.wired.com/defense/2008/10/awesomely-bad-1.html


3:七つの海の名無しさん:2008/12/01(月) 14:22:02 ID:hSFGcgmH BE:564913128-2BP(400)
トランプが欲しいな


5:七つの海の名無しさん:2008/12/01(月) 14:33:47 ID:T9HyV3SA
アパッチが一瞬 ごきぶりに見えたぞw


7:七つの海の名無しさん:2008/12/01(月) 16:39:36 ID:KAz9fDJN
さすがソ連はランプのフォルムさえも美しいな


8:七つの海の名無しさん:2008/12/01(月) 17:02:12 ID:s5YcrUGM BE:1299564566-2BP(92)
トランプちょっと欲しいw


9:七つの海の名無しさん:2008/12/01(月) 17:21:59 ID:kx9EFMnF
ランプかっこいいけど発信機とか放射能とかそういうオチがありそう

Comment
    
          

Channel Dive
Recent Comment


芸能 スポーツ ゲーム 漫画・アニメ 社会 政治 経済 ネット・IT アジア 海外
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。